M&Aの活用手法

SAVOR

社会保険労務士事務所M&Aは、先生のご希望により最適なM&Aの手法が変わってまいります。

・所長の引退時期(生涯現役型・定年型・早期引退型)
・事務所の継続利用の有無
・職員の雇用や待遇について
・新たな所長や職員の派遣…など

具体的には大きく下記の4つに手法が分かれます。

社会保険労務士M&A支援協会4つの特徴

どのように進めてよいか、ご自身の希望もよくわからないといった場合も、まずは お気軽にご相談ください。状況をヒアリングさせていただき、先生にとって最適なM&Aの手法をご提案いたします。

1.支店展開承継型

特徴…所長は業務を継続、場所も継続使用

・環境変化が少なく、顧問先、職員が安心しやすい
・新所長の派遣により、安心して業務の継続が可能に
・近隣の事務所以外からも広く、候補事務所を募ることが可能

適している方

・今の環境のまま、変わらずに業務を続けたい
・数年先に引退を考えている
・業務負担を減らし、無理のない範囲で業務を続けたい

2.支店展開引退型

特徴…所長は引退、場所は継続使用

・所長は変わるが、他の環境変化が少なく、顧問先、職員が安心しやすい
・近隣の事務所以外からも広く、候補事務所を募ることが可能
・引継期間を設け、スムーズに移行できるサポートが必要

適している方


・引退を考えているが、事務所の場所は今のままにしておきたい
・来所する顧問先が多いため、今の事務所は残しておきたい
・別の業務に専念したい

3.合併型

特徴…所長は業務を継続、譲渡先事務所で業務を行う

・資格者の派遣が不要なため、資格者が少ない事務所からも候補を募ることが可能
・毎日顔を合わせるため、新しい事務所に溶け込みやすく、ノウハウの共有がしやすい

適している方


・業務は継続したいが、事務所はどこでもよい
・職員の負担を減らしてあげたい

4.完全譲渡型

特徴…所長は引退、職員は譲渡先事務所で業務を継続

・毎日顔を合わせるため、新しい事務所に溶け込みやすく、ノウハウの共有がしやすい
・理念や就業時間など、なるべく変化が少ない譲渡先事務所を選ぶことがポイント

適している方


・来所する顧問先が少なく、自身も事務所の場所にこだわりがない
・別の業務に専念したい

表表

社会保険労務士事務所・M&A専門家の方へ

社会保険労務士M&A支援協会では、「中小企業向けM&Aアドバイザリーサービス」の提供開始に伴い、
共に経営者の事業承継、M&Aに関する課題解決に取り組みたい会計事務所の方、専門家の方を募集しております。
事業承継、M&A対策を円滑に進めていだたけるよう、当協会にてサポートいたします。
会員登録は無料です。下記よりご登録ください。

「中小企業M&A アドバイザリーサービス」会員募集中

運営団体

株式会社アックスコンサルティングは、
会計事務所様の経営戦略パートナーとして30年目。

昭和63年の設立以来一貫して会計事務所とその関与先である中小企業の皆様のご支援をしてまいりました。これからも税理士先生と経営者の架け橋として新たな提案をつづけてまいります。

  • これまで支援した士業事務所は15,000件以上
  • 累計27,000件以上の顧問先紹介
  • 会計事務所様向けセミナー開催数年間300回以上

まずはお気軽にお問い合わせください!

TEL|03-5420-2711 
受付時間|9:00–17:30土日祝除く